老化時計は調整できる!

老化と死が進化に果たしている役割は確かに重要ではあるが、その一方で、人間がその役割の進行を少しでも延期したいと願ったとしても不思議ではない。それは、人間の当然の願望として許されるだろう。幸運なことに、老化のプロセスがどのようにして進行するのかを理解することで、調整をスタートさせることができる。さらに、その「老化時計」が調整可能であることを示す証拠か次々に明らかになってきた。

思春期に達する速度が人によって異なるように、老化の速度も人によってさまざまである。世の中には、特別な理由もないのに、他の人よりもゆっくりと年をとっている人がいる。反対に、病気によって老化の速度を速めている人もいる。たとえば、ダウン症候群の患者は、平均寿命がわずか三十五年ほどである。彼らは、その速い老化速度のために、若くして寿命が尽きている。 二十代後半あたりから脱毛、痴呆、関節炎といった老化特有の徴候を見せはじめている。

逆に、何らかの理由で視力を失っている人は、ゆっくりと年をとり、長生きをする傾向があることも判明している。食事量の制限もまた、寿命の延長に貢献している。研究者は、ハツカネズミに厳しい食事制限をすることで、それらの寿命を二倍近くも延ばすことができた。

過去十年間に、研究者は、松果体とメラトニンが右のような現象や、その他のまったく無関係な肉体現象の共通の分母であることを発見してきた。それで私たちは、「松果体は、老化をコントロールしている生物時計であり、その腺が毎日分泌するメラトニンは、人体のあらゆる器官、組織、細胞の基本的な生命のリズムを決定しているらしい」ということを知った。

メラトニンにはまた、睡眠と覚醒の周期や、思春期の始まりなど、さまざまな生物的なリズムを調整する働きがあることも判明している。

メラトニンと老化のプロセスの密接な関係を証明する実験結果によって、多くの研究者は右の結論を支持している。メラトニンには心臓病や更年期障害、記憶喪失や不眠症など、老化にともなう肉体的変化から人間を守る働きがあることが、すでに証明されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です